Home > 2010年11月

2010年11月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

網膜でアルツハイマーの早期発見?

  • Posted by: ショーシンEM
  • 2010-11-25 Thu 16:32:02
  • 未分類
In Vivoで網膜を観察することでアルツハイマーの早期発見が出来る?という発表がされました。
アルツハイマー病最初期の兆候であるアミロイドβ微小プラークの網膜画像を in vivoで簡易に検出。
詳細はコチラ

そこでこの製品、新たに国内販売をはじめました。マウス・ラット用網膜イメージング顕微鏡:MicronⅢです。
システム全体の写真は以下。

IMG_0807.jpg

装置の特徴は、マウス・ラットの網膜の観察に特化した製品であり(今まではマウス・ラットに特化した製品がなかったとのこと)、1024×786ピクセル、24ビットフルカラーとう高画質で動画、静止画の記録が可能なところ。オプションで眼球前部の観察も可能となります。詳細はコチラで。

MicronⅢで観察したマウスの網膜

r1.jpg

蛍光観察も可能

r2.jpg

--

実際に使用してみました。

マウスの眼球に対物レンズを近づけた後は微動でピントを合わせるだけ。マスウが微妙に動いたりでピントが合ったり外れたりしますが、数秒間動画撮影した後、保存した動画を再生し、ピントのあったタイミングで静止画保存することで簡単にキレイな静止画をとることが出来ました。

Index of all entries

Home > 2010年11月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。